2017.04.12                                        

晴れて暖かい日になったので筑波山のニリンソウの咲き具合を見て来ようかなと思って出かけてみました。
頂上はまだ花芽もありませんが、山麓にはカタクリをはじめ、ニリンソウも徐々に咲き始めていました。
でも全体的に今年は花の咲き始めは遅れているようです。

                           

 
咲き始めのカタクリは色が薄く小ぶりの花が目立ちます






両脇にはキクザキイチゲの花の楽園もみえます。






太陽を背にして







群生したカタクリの花が風にひらひらと







薄紫のカタクリをじっくりと見学






 

大岩の間からユリワサビの花





陽を浴びた アズマイチゲ






二つそろってニコニコと







 

キクザキイチゲ
毎年とっても楽しみにしている花の一つです








 

先日はしょぼくれていたミヤマカタバミ

まるで別人みたい










  

チゴユリ


 

ボケの花

 



スミレ  ふたつ




さくらの花が山全体を彩り、淡いピンク色に染まっています。
目で見るのが一番のようでカメラ写りはいまいち。
感動ものではないのが残念です。




ふるさと山歩きに戻る