2017.6.11

朝から体調も徐々に良くなってきたので、緩やかな登りの宝篋山に山遊びに出かけた。
これでもいつもよりだいぶ早く駐車場に到着したが、すでに駐車場は満車状態。
小田市営駐車場までもどり、登山口まで歩いて歩いていくことにした。

 

宝篋山へむかいます。もうすでに下りて来られる方もいました。
稲の苗もだいぶ大きくなりましたね。
気分良く歩きます。


 

キショウブ  紫つゆ草(インク花)の花が雑草に交じり咲いています。


  

太陽に当たると暑い感じを受けますが、沢沿いの道に入ると
ちょうどよい季節になりました。
テイカカズラの白い花が所狭しとさいています。


  

ムラサキシキブによく似た花が登山道に咲き始めです。
本日は印象の強い花になりました。





ツルアリドウシ
花の数は少なくきれいな花を見つけるのは
容易ではありません(笑)




    

チェーンソウの大きな音で見上げると
ボランティア活動の方が数名、大きな倒木を伐採していてくださいます。
白滝もだいぶきれいになりました。


 

隅っこを見ると線香花火のような滝が目に入ります。
滝が多くどこを見ても飽きません。




 

高岡山頂への迂回路を利用。
雲行きが怪しく遠方は望めませんが、ここで休憩です。


帰りは駐車場への近道で、数年前に山の先輩から教えていただいた
小田不動尊を見てみることにし、そのほうに向かい下山しました。
すっかり忘れていましたが、現地に近づくと当時の
友人の説明を思い出しながら拝見します。


  
                                      本堂
    説明版



  切り立った大岩の中腹、下から5m位の高さの所に、
御簾(みす)がかかっていて、奥に、小田不動尊こと、
磨崖不動明王立像がいらっしゃるそうです。
四角く彫られた、その奥の壁面に彫られていると
ききました。1年に一度、1月28日に御開帳されるそうです。
 
 

不動尊像を拝見
 

不動尊登り口

宝篋山の人気は大変なもので、相当早い時間に行かないと駐車場は満車です。
たくさんの方が登っていると思われますが、なかなかお会いできないのは、登山ルートが
豊富なこともあるのでしょうか。それにしてものんびり歩くのには、とても良いやまですね。


                                 ふるさと山歩きに戻る